バルトレックスは、ヘルペスの治療や再発防止に使われるお薬です。ヘルペスを発症したらまず、バルトレックスを服用すれば、ウイルスの繁殖を最小限に抑える事ができます。

バルトレックスの画像

カップルでヘルペスは東京でバルトレックスをもらう

カップル間で気を付けなければならないこととして、性感染症(STD)の問題があります。性感染症については性行為などによって感染が見られる病気のことで、近年ではSTDという呼び方をします。
性感染症の中で代表的なものとして、性器ヘルペスがあります。ヘルペスは口唇の他に性器にも発症する病気で、皮膚に水膨れのような赤い腫れものができて痛みを感じます。性器ヘルペスを発症しているときには、病院を受診することでバルトレックスを処方してもらうことができます。
東京に住んでいる人であれば、泌尿器科や婦人科などを受診して、性器ヘルペスであることがわかれば高い確率でバルトレックスによって治療を開始することになります。ヘルペスの原因はウイルスですので、ウイルスの増殖を防止する必要があります。バルトレックスに含まれている塩酸バラシクロビルは、体内に取り込まれることでヘルペスウイルスを攻撃して、ウイルスの増殖を防止する効果を得ることができます。服用することで症状の軽減や抑制、再発に有効となります。ヘルペスの場合には、発症してから5日以内にバルトレックスを服用することで、ウイルスの増殖を最小限に食い止めることができることがわかっていますので、できるだけ早めに病院に行くことがおすすめです。飲み方は簡単で、性器ヘルペスのときには1日につき2回1錠ずつ水と一緒に服用します。ヘルペスの症状に有効な医薬品の中でも、吸収率が高い点が特徴で副作用も少ないと言われています。医薬品の種類としては、DNAポリメラーゼ阻害薬に該当するもので、ヘルペスウイルスがDNAの複製を行わないように阻害する作用があります。副作用としては、胃腸症状や頭痛、眠気などが代表的な症状となり、薬剤が代謝されるまでに消化器官に負担がかかることが原因です。ただし、副作用の発現頻度は低いと考えられますので、安全性の高い医薬品であると認識されています。